スウィントレードのメリット デメリット

brdfg数日から1・2週間の期間で決済するトレードの手法を、スイングトレードと言います。

といっても、トレード日数に関して決まった期間はないので、数日からヶ月の期間を要する場合でもスイングトレードと言うこともあります。

つまりる24Optionでの短期売買の取引順は、数秒~数十分のスキャルピングトレード、数分から・2時間のデイトレード、数日~1・2週間のスイングトレードとなるのです。

すなわちスイングトレードは、短期高速回転売買を行うスキャルピングトレードやデイトレードと、1ヶ月~数か月の中長期のポジショントレードの双方のメリットとデメリットを持っているのです。

という事は、スイングトレードは、バイナリーオプションってなに?という所から詳しく解説してくれていますしか参加したことがない、もしくはFXを始めたばかりの投資家にとって、一番やりやすい投資スタイルでもあるのです。短期高速回転売買を行うスキャルピングトレードやデイトレードが一番難しく、かといって中長期のポジショントレードの場合は1~数か月先を読むのも非常に難しいからです。

それなら、一度、半年の期間を区切ってスキャルピングトレードやデイトレードをデモトレードやテストトレードして、結果が芳しくなかった場合、スイングトレードに替えてみるというやり方もあります。

自分でやりたい投資スタイルに固執せず、投資家それぞれが持つ個性や能力にあった投資スタイルを決める事で、良いパフォーマンスができるのではないでしょうか。

文責: バイナリーオプション取引き.com

スイングトレードはスキャルピングトレードやデイトレードといった短期回転売買とは違いますから、待ち伏せ的な押し目買いや高値の空売をする事も可能です。

相場というのは仕掛けの売買よりも、決済時の反対売買をする方がテクニックが必要となるのです。