FXにおける損失に対しての考え方

tersFXに限らず全てのトレードにおいて損失を避けることはできません。どんな相場や商品であったとしても、自分の予想が当たるか外れるかという点に勝負の勝ち負けがある以上、常に確率は二分の一であることは明白です。どんなに優れたトレーダーでも、一度も損失をこうむったことがないという人は、ひとりもいないのです。

しかし一方で、特にトレードがうまくいっている時に限って、こうむった損失によって調子を狂わせてしまうことがあるのも確かです。

実はそんな時ほど、トレーダーとしての実力を問われていると考えるべきです。たとえばその損失に慌ててしまい、失った分を取り戻そうとするあまりに無理なトレードをしかけ、いつもの倍のロットで売買を行った結果、さらなる大損失を招いてしまうということも往々にしてよく見受けられるケースです。

こうしたことのないように、損失に関しては常に「あるもの」として認識をしておく必要があり、そのためにしっかりと損切りの設定をしておく必要があります。

もし、あなたがこれからトレードについて勉強しようと考えているのであれば、特にこの損失に関して触れている資料を参考にすることをおすすめします。

たとえばよく『勝率100%』といったような文句を掲げ、絶対に損失のないようなことをうたっている情報商材などを見かけますが、前述したとおりどんなトレーダーでも必ず損失はこうむるものなので、このような誇大文句に関しては注意が必要です。

それでは逆に、実際に管理人も入出金が即完了のXM.comでやらかしてしまったことがありますが、損失を出してしまったときには、どのように対応すればよいのでしょうか。

その答えは基本的にはひとつしかありません。その損失をまず自分自身で受け入れるということです。

そもそも損失とはトレードを行う以上必ず発生するものだということをしっかりと認識し、常に損失の可能性を織り込んだ取引を考えるのです。

事前に損失を予測しておくことで、実際にそれが発生した際無駄に慌ててしまったり、その結果無理な挽回策に出るということがなくなります。

損失に慌ててこれまでのトレードスタイルを変更してしまうのが、もっとも危険なのです。

損失を最初から織り込み、冷静に粛々と自らのトレードスタイルを遵守していくべきです。

そうすることで、結果として利益を生み出すことにもつながります。それで年率20%ともなれば、それはその他のどんな投資商品に比べても効率的なものになっているわけで、つまりそれは成功と考えてもよいでしょう。

もちろん損失を悔やむのではなく、なぜ損失を出してしまったかについて自らのトレードを分析してみることは重要です。そのために一時トレードを休んでみてもいいでしょう。

プロのトレーダーでない限り、常にトレードしなければならないということもないのです。

このように、トレードにおいてチャートが読めたりテクニカルの手法を知っている、または、MT4などのツールも使える、ということも重要ですが、それよりも大事なものがあるということを、まず知っておきましょう。